吉本 洋とは?

社会福祉法人 恵寿会 施設長
日本福祉防災楽会 会長
御船町観光協会 理事

吉本 洋(よしもと ひろし)

1971年大分県生まれ。 
高校時にアメリカへ留学し翻訳家を志す。福岡大学経済学部へ入学したが、違和感を感じ退学。しばらく自分を見つめなおす充電期間を経て、株式会社ファミリーマート入社。社会の目まぐるしいスピード感の中で、常に変化するコンビニ業界や新しい事へ挑戦しづつける仕事に魅力を感じていた。そこで、妻と出会い、結婚を機にファミリーマートを退社。
平成14年9月から社会福祉法人 恵寿会に入社。平成18年4月から施設長へ就任。翌年の4月に御船町社会福祉協議会の理事に就任。現在に至る。

■主な活動
介護保険施設のあり方に、日々疑問を持ち、子どもとお年寄り、地域の方を交え、世代間交流、自然体験活動のたいせつさを訴えかける。『安全という名の施設閉じこもり』防止に日々奔走。また、最近では、異業種と交流し、新しい福祉の文化の在り方を模索している。平成28年熊本地震以降、報道では、決して伝わる事のない実際に起きた施設の中での対応を県外に発信し、当時の課題と今後の災害対策についての提言をしている。

6年間の思い出

【好きな言葉】
挑戦

【座右の銘】
武士道 新渡戸 稲造著
『礼・・・人とともに喜び、人とともに泣けるか』

『長い苦難に耐え、親切で人をむやみに羨(うらや)まず、自慢せず、思い上がらない』

『自己自身の利を求めず容易に人に動かされず、およそ悪事というものを、たくらまない』

誕生~幼稚園時代(1971年~1975年)

▲いまはもうなくなってしまった江崎病院で、3500gで産声を上げました!

▲祖母の桑原キツさんにお風呂を入れてもらってます。

母親が元気なうちに聞いておきたい祖母のこと

先日、実家に戻った時に、母親に桑原キツさんのことについて聞きました。色々なエピソードがあり、ゴキブリを見ると裸足で踏みつけていたようです。ゴキブリだけは死ぬほど嫌いな私にとってはありえないことでした。

キツさんの旧姓を母親に聞くと、以首一(いしゅいち)が旧姓だそうです。
おそらく日本にはこの姓字はもうないのではないかと母親が言っていました。

たしかに、以首一(いしゅいち)キツさん・・・すごい名前ですよね。

自分は以首一(いしゅいち)さんの血を引いているので、

以首一(いしゅいち)洋・・・どう考えても、珍しい姓字です。

▲誰にかわかりませんが、ミルクをもらってますね(笑)

▲7年前に他界した父親に抱っこされてます!「なんで洋さんだろう?」と親父に聞いたら、出生届の期限が迫っており、「俺の洋三の漢数字の三を取っただけじゃ」と言われたのが印象的でした。俺って・・・

▲乳母車に乗って、この時期から何か言いたそうな顔をしてますね(笑)いままで過去に一度だけ骨折したことがあります。それはミニカー片手に2階に登っている途中に足を滑らして階段から落ちました。母が言うには、ミニカーが手から落ちないようにかばった為、鎖骨を骨折したようです。それだけおもちゃが大事だったのでしょうね。

▲シャムネコを飼っていました。気がつけば、猫がそばにいる生活でした。猫の生態を誰よりも理解しているつもりです。猫を飼っているならではのエピソードですが、熱いラーメンの汁を恐る恐るすすっていたら、猫がジャンプ。器に猫が頭をぶつけ、想像もしてない熱いラーメンの汁が一瞬にして全身にかかる!!!びっくりしたのと熱いのが同時に襲ってきて熱さを感じたのは数秒後でした。猫に注意。

▲ジュゲムといいます。名付け親が、母方の父・桑原義太郎さんの兄弟の政太郎さん。政太郎さんは隣で歯医者を営み、私の中で政太郎さんの印象は、とんかつが大好きなおじいちゃんです。

政太郎おじいちゃんにしてもらった歯の治療なのに

歯医者は嫌いだった当時の私は歯の奥歯がC3という一番重度な虫歯でした。その際に政太郎おじいちゃんに歯の治療をしてもらうのですが、とにかく嫌で嫌で仕方がなかったです。銀歯の詰め物をするのですが、ガムを食べるたびにその詰め物がカポっと抜けてしまっていました(笑)

ある日、金属製のゴミ箱にガムをペッと捨てたら、ガシャーンといってびっくりしてのぞき込んだら、自分の歯であったことに驚きました!!おかげさまで、結婚してすぐ歯医者に行き、神経を取るという大掛かりな治療をさせて頂きました。

皆さん歯は大事にしてくださいね(笑)

▲母親に聞くと、この時期よく聴いていたのは、なんとFMラジオ!!長女の姉が”カーペンターズ好き”、長男の兄は、”井上陽水好き”なのに、自分は何でラジオ好きなんだろう(笑)

▲映画監督が座るディレクターズチェアに腰掛け、父親が巨人ファンのはずなのに、なぜかタイガースのユニフォームを着せられている(笑)いまとなると誰にもその真相を聞く事はできない(笑)

▲近所のお姉さんとプールへ。いまだに嫌いなスポーツがあって、ひとつは、マラソン。もうひとつは、水泳。きっとこの頃から自分との闘いが嫌いなのかも(笑)

▲この親父のはしゃぎようを見ると、いま自分が三男とはしゃいでいる理由がわかる気がする(笑)

次男が引き合わせてくれたのかな?

先日、次男の運動会を見に行ってきました。

次男の友だちのおばあちゃんがいて、そのおばあちゃんは大分のトキハデパートに勤めていたそうです。

私の妻が、「私の旦那の父親もトキハでしたよ。」と話すと、

「お父さんの名前は何って言うの?」聞いてきたので、「河野洋三です。」と伝えると、

「えっ?」「洋三さん?」

「一緒に仕事したことがあります。」

「とてもやさしい人でいつもニコニコしていて私の話を良く聞いてくれた上司でした。」

というではありませんか!

なんと世の中の狭さ。

妻が私を呼んできて、そのおばあちゃんのところに連れていってくれました。

「洋三さんに似てる!」「雰囲気はそのままですね。」

「今は何をしてらっしゃるんですか?」と聞いてきたので、「残念ながら7年前に他界したのです。」

と伝えると、涙ぐんでくださいました。

母親のことも良く知っているらしく、父親の見えなかった一面が他界してから7年後わかるとは何とも不思議な感じでした。

後日一緒に写っていた写真を送ってくれるそうです。

小学校時代(1976年~1983年)

▲タイムボカンシリーズに夢中だったあの頃。”豚もおだてりゃ木に登る”、”ブヒ~ん🐽”。このアニメで流れる決めセリフによく腹を抱えて笑っていました。

▲いまおもちゃ好きなのはこの頃からなのかもしれない。なぜなら、いまでも子どもよりもおもちゃで真剣に遊んでいる自分に気がつきます(笑)

▲みんな体操服なのに、なぜか黄色のTシャツを着ているにもかかわらず、テンションが高い理由がいまだにわかりません(笑)

▲どういうシチュエーションか覚えていませんが、女性に囲まれハイテンション。両手に花🌸いちお、この時期モテてたようでした(笑)

▲サッカーが好きな時期。キャプテン翼が連載が始まったのが、ちょうどこの時期でした。翼くんのオーバーヘッドキックに憧れてよくマネをしていました。上手くいくはずがありません(笑)ポジションはミッドフィルダーのセンターでした。

▲仲良し3人組。自分の大切な友だちをいじめから守りたい。そんな意識を強くもってました。

▲幼なじみと、はしゃいでいたあの頃を思い出します。スタンハンセンとブルーザーブロディーとハルクホーガンが全盛期のプロレス時代。よく友だちとプロレスごっこをして遊んでいました。いまだったらきっといじめになるんでしょうね・・・

▲この頃は、新日本プロレスと全日本プロレスの全盛期。アントニオ猪木のマネしてたのでしょうか?(笑)

▲悪いことをして先生から小突かれた後です。何度小突かれたか覚えておりません。いまでは先生が生徒を小突くなんて問題なんでしょうけどね(笑)

中学校時代(1984年~1986年)

COMMING SOON
もうしばらくお待ちください。

高校時代(1987年~1990年)

▲大分駅前で、何が不機嫌なんだろう?(笑)いまもむかしも若者って”たむろ”したいものですよね(笑)大分駅でよく遅くまで”たむろ”してました。

▲高校最後の応援団。優勝で有終の美。みんなでこの後、盛り上がりました!応援の演舞「剣の舞」が今でも忘れられず振り付けを覚えている程です(笑)

▲みんな片付けしているのに・・・

▲応援団の打ち上げで、友だちの家で。肩パットが入ったジャケット流行りましたね(笑)時代を感じさせる一枚です。お笑い芸人の平野ノラさんの芸のまさにド・ストライクな時期です。携帯はまだなく、ポケベルでしたが・・・

留学時代(1989年~1990年)

▲姉の学生時代に留学していた時のホストファミリーのトッドさんと別府の地獄巡り。
英語に興味を持ち始め、翻訳家を目指すきっかけになったのはこの時期です。

▲スプリングフィールドの、かの有名なリンカーンの聖地。

「そのことはできる、

それをやる、

と決断せよ。

それからその方法を見つけるのだ。」

- エイブラハム・リンカーン -

▲楽しかったはずのボート初体験。この後、悲劇が!!

▲真冬の冷たい川に落ちました(笑)

▲トッドさん家の駐車場で撮った一枚。ハードロックカフェのトレーナーインが気になりますが(笑)

▲ホストファミリーのクリス・オースティンさんとバス・オースティンさんとの一枚。

▲オースティン家で飼っているレイディー(ドーベルマンとシェパードのミックス)とプランツ(ラブラドール)。

▲卒業式の一枚。Jonasthan Ehrn(左)とWayne Klean(右)。

▲卒業証書。ちゃんと卒業できました(笑)

▲高校の学級通信で留学中当時の私の近況が報告されたようです。

大学時代(1991年~1995年)

▲スペインからの留学生。ハビエラ君。大分の実家に短期留学でやってきました。正月の神社参り。

サラリーマン時代(1996年~1999年)

▲当時ファミリーマートは、アイ・ファミリーマートでした。アイは岩田屋の頭文字からきたものです。

その後、株式会社ファミリーマートになりました。熊本の火の国祭りでファミリーマートが企業PRでパレードに参加したものです。

なぜ色をつけていたのかいまだに不明です(笑)

宇土のファミリーマートが担当店舗だった時に、夜中に車が突っ込んできて停電を起こした時に、真夜中だったので1時間後に駆け付けたのを覚えています。

この店舗は、冬場と夏場の売上が著しく違うお店で、
冬と夏を比べると売上が10倍なので、繁忙期は本当に忙しかったです。

11月を過ぎると本当に少なくなってしまい「冬眠生活に入りますので、冬場は期待しないでくださいね」と店長から言われたのを昨日のように思い出します。

ちなみに私が妻と知り合ったのもファミリーマートです。

ファミリーマートの前を車で通り掛かると、職業病でしょうか、ついハンドルを駐車場の中へ向かわせてしまいます(笑)

きっと私がお爺さんの世代になるとファミリーマートのことばかり話す面倒くさいおじいさんになるんでしょうね。ハハハ(笑)

デイサービス時代(2000年~2004年)

▲こうしたい。ああしたい。という気持ちが当時からあったようですが、なかなか上手くいかず悩んでいた時期かもしれません。いつの日か働きやすい職場を目指していたのもこの時期かもしれません。

総務部長~施設長~現在(2005年~)

▲デイサービスの敬老祝賀会での施設長挨拶。自分がデイサービス時代からいらっしゃるご利用者さんがたくさんいました。「あの時が懐かしかぁ~」「入浴介助をよくしてくれたよね」「送迎でよく私の家に来てくれたよね」現場に戻りたいなぁ~と思う事はよくありました。

▲10年間続いていた夏祭りが廃止となり、私の独断と偏見で秋祭りの開催に踏み切りました。あらためて地域の皆さんとのふれあいが重要だなぁと感じました。

▲御船しあわせ日和という和装イベントで街なかギャラリーで撮影した1枚の写真。あらためて日本文化に触れることができた気がしました。

  • グリーンヒルが目指すもの
  • 選ばれる理由
  • 各種ご案内
  • グリーンヒルが目指すもの

  • 選ばれる理由

  • 各種ご案内