老人総合福祉施設グリーンヒルみふねメインイメージ画像 老人総合福祉施設グリーンヒルみふねメインイメージ画像

数あるホームページの中でグリーンヒルみふねのホームページに遊びに来てくださり、ありがとうございます。

ここでは、グリーンヒルみふねに『暮らしている人』や
グリーンヒルみふねで『はたらいている人』がイキイキとみえるようなテーマで 構成されています。

『暮らしている人』『はたらいている人』
ここにいれば、自分のやりたいことができる!
ここにいれば、楽しいことがたくさんある!
ここにいれば、ドキドキ、ワクワクできる!

『暮らしている人』『はたらいている人』
いくつになっても、童心でありたい!
いくつになっても、かっこよくありたい!
いくつになっても、きれいでありたい!

そんなことを垣間見ることの出来るホームページです!
それではお楽しみください!

老人総合福祉施設グリーンヒルみふねメインイメージ画像

老人総合福祉施設グリーンヒルみふねメインイメージ画像

数あるホームページの中でグリーンヒルみふねのホームページに遊びに来てくださりありがとうございます。

ショートステイ

わたしたちは、愛情と笑顔で接しています。自然に囲まれた抜群のロケーション!のんびりくつろげる温泉があります。

詳細はこちら

デイサービス

わたしたちは、チームワークに徹しています。デイサービスに行くのが一番の楽しみ!と言ってもらいたいです!!

詳細はこちら

グループホーム

グループホームのテーマは”明るく・楽しく・やさしく”です。私たちは常に笑顔で柔軟な対応を心掛けています。

詳細はこちら

小規模多機能ホーム・みどりの丘

”ふれ愛・たすけ愛・ささえ愛”をテーマに、もう一度、活気を取り戻すために笑いや笑顔の絶えない環境を作ります。

詳細はこちら

介護支援センター

わたしたちは、断わらない姿勢でいることをモットーに、利用者様に対し、今のサービスや生活がベストなのか常に考えています。

詳細はこちら

ヘルパーステーション

わたしたちは、できるだけ長く自宅で生活できるようサポートします。生活に一番近くで関わるからこそ多彩なニーズに応えます。

詳細はこちら

特別養護老人ホーム

「安全という名の施設閉じこもり」脱却をめざして。わたしたちは常に挑戦し続け成長をし貢献していきたいと思います。

詳細はこちら

地域福祉課

地域と施設の架け橋として。地域のイベントにご利用者様と一緒に参加し、ゆっくりのんびりと楽しい時間を過ごしています。

詳細はこちら

グリーンヒルましき

グリーンヒル益城

会話の大切さ。一方通行ではなく、傾聴も必要。一見無駄だと思えるものに、どれだけの力を注ぐことができるか。

詳細はこちら

ご利用者様・ご家族様へ

私たちは真剣に地域の皆様に愛され元気にできる施設にしたいと心から思っております


グリーンヒルみふねは、平成12年に開所しました。私たち職員は、ご利用者の皆様が安心、安全に預けられるような施設づくりを目指しています。満足度の追求に関しましては、出来る限りご利用者の皆様のご希望を叶えるために、どうすれば実現可能か?ご利用者様の出来る可能性を常に模索し業務に生かしております。

特別養護老人ホームとは。終の棲家とも言われています。ご家族の皆様に、グリーンヒルみふねに預けてよかったと言っていただける施設にしてまいります。近年、安全という名の下に施設閉じこもりになりがちな、レクリエーションの活動。出来る限り外に外出し、外気に触れる機会をつくり、自然の豊かさを満喫できるよう、シェアリングネイチャーの活動(※公益社団法人 日本シェアリングネイチャー協会)を通じ、グリーンヒルみふねの自然豊かな環境を満喫していただきたいと思っています。

緊急時の対応

緊急時の対応につきましては、ベテランの看護職員が協力医療機関でもあります泰泉堂 牟田医院の先生と協力し、いつでも駆けつけていただける体制作りも行っており、ご安心いただけます。また、各種相談窓口も、各事業所に窓口を設けておりますので、安心してご相談ください。皆様のお声はありがたいお言葉で、今後の施設運営には欠かせないものです。ちょっとした些細な事でも構いません。遠慮されず、お申し付けください。

アクティビティ・ケア

アクティビティ・ケアについて

生活の延長線上にあるものがアクティビティ・ケアです。

アクティビティ・ケアはお年寄りそれぞれ違うものです。

私たちは、アセスメントシートでお年寄りのADLや病気、既往歴などを中心とした見方しかできていません。

その人は昔、パイロットだったかもしれない、弁護士だったかもしれません、地域の策士だったかもしれません。それぞれが、それぞれの人生のいきざまを歩んできました。生活歴や職歴をもっと知ることでその人へのケアや接し方は大きく変わってくるはずです。その人の大好きだったこと、培ってこと役割を持たせてあげることでそのお年寄りを主役にします。

『安全という名の施設閉じこもり』になっていませんか?そうした事を切に願い、アクティビティ・ケアを導入します。

シェアリングネイチャー

直接的な自然体験を通して自分を自然の一部ととらえ、生きることのよろこびと自然から得た感動を共有します。

詳細はこちら

ノルディックウォーキング

ノルディックウォーキングは、2本のポールを使って歩行運動を補助し、運動効果をより増強するフィットネスエクササイズです。

詳細はこちら

ドクターフィッシュ

水中に手足を入れると、その表面の古い角質を食べてそれらを食べる刺激が神経を活性化するとして健康と美容に効果があります。

詳細はこちら

グラウンドゴルフ

高度な技術を必要とせず、 しかも全力を出す場面と集中力や調整力を発揮する能力が身に付きます

詳細はこちら

露天風呂

みふねの天然温泉です。野外や屋外に設置された気持ちの良いお風呂です。

詳細はこちら

音楽療法

音楽を聞いたり演奏したりする際の生理的・心理的・社会的な効果を応用し心身の健康の回復、向上を目的とします。

詳細はこちら

ご検討中の方へ

介護保険サービスを利用したいが、使い方が分からない、どんなサービスがあるのかわからない方は、グリーンヒルみふねにあります【介護支援センター】へぜひ、お問い合わせください。これから、介護申請を受けられたい方や在宅介護でのお悩み等、無料で承ります。ベテランの介護支援専門員がご相談に応じます。デイサービス等ご見学されたい方もお気軽にお申し付けください。

私たちは常に笑顔を絶やさず安心して過ごしていただける環境作りをおこないます。

グリーンヒルみふねは、現在、世代間交流に力を入れており、周辺の小学校との連携、法人内の認定こども園みどりの里とも交流を図っております。お年寄りの智慧、子どもたちの好奇心が融合し次世代へとつなぐ大切な架け橋となる活動でもあります。

自然に恵まれたまさに癒しの空間施設

自然に囲まれてれておりますので、外気浴や外での活動もお楽しみいただけます。日常生活におきましては、アクティビティケアというものを取り入れ、その人らしい生活をするため、生きていると実感できる感動的な活動も実践しています。笑顔の絶えないグリーンヒルみふねです。

施設長から初めての方への挨拶

施設長の画像

地域の社会資源の一つとして日々邁進してまいります

皆さま、こんにちは。老人総合福祉施設グリーンヒルみふね施設長をしております吉本と申します。介護保険が導入され、早16年が経ちました。さまざまな改正やさまざまな痛ましい事件、事故。働いている介護職員は低賃金で重労働なのだろうなと思っているのではないでしょうか?グリーンヒルみふねでは、職員の働きやすい環境づくりをご利用者様の過ごしやすい環境づくりと同じように力を入れています。

特に、子育てをしながら働く職員に関しましては、子ども手当というものを創設しており、子育てに使える福利厚生費を充実させております。また、親の介護が必要な職員には、新たに介護手当を創設し、自宅に帰っても安心して親の介護ができるよう、こちらも福利厚生を充実させています。こうした環境を整えることで、職員が幸せになります。職員が幸せでないのに他の方を幸せにできるはずがありません。職員の笑顔がお年寄りの笑顔を生みます。

皆様の大切なご家族を預かる施設としては、ここで働けて良かった~。と思えるよう日々の職員に対するケアは怠りません。笑顔は、職場を活性化します。明るく楽しくにぎやかなグリーンヒルみふねを、全職員一丸となって取り組んでおります。もしご家族を預けたいと思ってらっしゃる方が居ましたら、ぜひ、見学にいらしてください。自信をもって皆様にご案内いたします。選ばれる施設として、これからも地域の皆様とともに成長させていただきたいと思います。

当ホームページの目的とSNSの役割

【ホームページの目的】
このホームページの目的は、グリーンヒルみふねを皆さんに身近に知っていただくことが最大の目的です。特別養護老人ホームは敷居が高いとか入所者の家族以外は入りにくい、訪問しづらい・・・。そういった想いからみなさんとの距離がどんどん離れてしまいます。ちょっとした介護のご相談やどんなところだろう?と気軽に遊びに来て下さい。グリーンヒルみふねはそんな場所です。
【SNSの役割】
今般、SNSが非常に悪影響を及ぼすという内容の報道が多く、多くの方々はFacebookやLINEは怖い・・。と思っている人が多いと思います。正しい使い方をすれば、最高のツールです。私が熊本地震で、生きることが出来たのはFacebookのおかげといっても過言ではありません。正しい情報発信。今、ここで何が起こっているのか?オンラインで情報を発信し続けたことが功を奏したようです。今見ている情報は本当に正しい情報なのか?きちんと把握する必要もあります。それは発信元がはっきりしているかいないかです。発信元がしっかりしない情報は安易にコメントしたり、シェア拡散しないほうが良いでしょう。正しい情報を、的確にタイムリーに・・・。人から聞いた情報は、鵜呑みにせず、発信元がはっきりしない場合は特に必ず自分の眼で確かめる癖をつけましょう。自分の眼で見て、感じて、思うことを出来るだけ写真付きで発信すれば、周りの人たちはきっと理解してくださいます。

非常時相互応援協定式(社会福祉法人みずほ厚生センター・社会福祉法人恵寿会)

非常時相互応援協定の画像1

非常時相互応援協定画像2

社会福祉法人みずほ厚生センター様と、当法人グリーンヒルみふねとで、「非常時相互応援協定」を締結しました。 これにより、地震等の災害が起こった際に、大分県の施設と、熊本県の施設で、相互に支援をしあう関係が実現したことをお報告いたします。

【社会福祉法人の未来・施設長の挨拶】

災害が起こるたび苦しむ社会福祉施設。一般企業や製造ラインでは出勤停止命令が下るが、私たちはそうはいきません。利用者の生活を支える仕事だからです。私たちが業務を停止すればどうなるか?想像するだけで恐ろしい。自分の家族、大切な人を家において出勤しなければならないのです。職員は家族を守る、お年寄りを守る。2つのことを同時にしなければならないのです。皆さんは天秤にかけられますか?

行政の支援の入る発災直後から1週間が最も重要です。そのつなぎが社会福祉法人同士の締結です。速やかに業務を再開するということは、地域の安全を確保するということです。これからすべきこと。山積みですが、雲をも掴むという壮大な目標に一歩一歩歩んでいきます。

今回その手助け、繋いでくれた木ノ下さんに敬服するとともに遠方より締結のために来てくださったみずほ厚生センター大塚理事長に感謝申し上げます。

  • グリーンヒルが目指すもの
  • 選ばれる理由
  • 各種ご案内
  • グリーンヒルが目指すもの

  • 選ばれる理由

  • 各種ご案内

お電話でのお問い合せは096-281-7777 受付/9:00~18:00 どんな質問でもお問い合せ下さい。専門スタッフが丁寧に対応致します。