2020年秋号vol.11

2020年 秋号の見どころ

Dreamは、グリーンヒルみふねの栄養課の本田さん。もともとは、派遣会社の社員さんで、かなりの働き者で、雰囲気も良くムードメーカー的な存在であった本田さん。派遣会社に無理を言いまして、グリーンヒルみふねで働いていただけるようにお願いをしたのを昨日のことのように思い出します。一時は、栄養課の職員が人員不足で休憩も全く取れないという厳しい時代を乗り越えてくれた頼もしい存在です。今では、持ち前の明るさで、栄養課をまとめてくれる所属長になりました。

平成音楽大学との初めての『オンライン介護等体験』担当の先生とどのように進めていけばいいか手探りでしたが、学生の皆さんや職員がそれぞれプログラムを作ってくれて行われた初の完全オンライン介護等体験。画面越しに、どうやって介護というものを学ぶことができるのか。ある意味、挑戦の日々でもありました。大人の都合で『学生の学習機会を奪ってはいけない』そんな強い想いで実現しました。

対談では、2020年度新卒で入ってきた職員と新規採用で入ってきた職員と私での座談会。緊張しながらの座談会となりました。皆さん素直に自分の思いを発してくれましたので、今後、グリーンヒルみふねで活躍してくれることを大いに期待しています。

今回の地域の人は、校区社会福祉協議会の前田さん。理事長(施設長の奥様)と同級生の娘さんを持ち、小さいころから理事長のことをよくご存じです。そんな、校区社協の副会長もある仕事の想いを語っていただきました。改めて、こうした皆さん方に支えられているグリーンヒルみふねは、幸せです。

スポットライトの職員は栄養課の井芹さんとみどりの丘の飯干さん。お二人とも自分の夢や趣味をしっかりとお持ちです。そんな二人の想いを聴いてあげてください。

業者さん紹介は、パソコンなどのメンテナンスでもお世話になっている熊本計算センターさん。ITで福祉サービスのお手伝い!まだまだITの力が弱い福祉施設ですが、いざという時に心強く、頼もしい存在です。IT化がますます進む中、これからも連携をしていこうと思います。

おススメ介護職レシピ。今回で11回目となります。クリと枝豆の混ぜご飯をご紹介。ご家庭でも楽しめる旬の味を楽しんでください。

地域のお店紹介では、料亭とらやと三軒屋さん。なぜ三軒屋なのかその名前の由来にせまりました。お店以外にも、昔のおはなしが聞くことができ、御船の歴史を感じさせる会心の完全版です。ぜひお楽しみください。
2021年3月26日 吉本 洋