グリーンヒルみふねvs新型コロナウイルス 51日間の戦い

新型コロナウイルス

51日間の戦い・・・。

グリーンヒルみふね

今まで経験したことのない状況に追い込まれたあの日・・。

未知なる感染症との戦いに私たちは苦しみました。

まず、世間に対しては、どう発信していけばいいのか?答えは決まっていました。ありのままを発信するという手段をとりました。

私たちの発信が後手後手に回れば、当然周りに与える影響は大きく中途半端な発信であれば、誤解や不信を生むだけです。

発信することは大切なことで、何がそこで起きているのか?

発信したことで、さまざまな団体や行政からご支援をいただきました。改めて感謝申し上げます。

実際の中では、さまざまなドラマが起こりました。現実はドラマ以上の劇的なことが起こるということを、実感しました。

悲しい想い、嬉しい想い、辛い想い、悔しい想い・・・。

多くの想いがぶつかり合いましたが、結果、更なる団結力が生まれました。

記憶は薄れていくため、記憶を記録として残すために『コロナ手記』を全職員にお願いしています。

明日は、また新たなウィルスが来るかもしれない・・・。

そんな想いをしながら日々感染対策を継続しています。

私たちは、こうして起きることを想定したはずなのですが、ここまでになるとは思いもしませんでした。

想定を大きく越えた時に、ことは深刻化を増していきます。

今まで以上に、考えていくことが重要であり、今まで以上に、大きなことが起きる!とイメージしなくてはいけないのです。

考えて考えて考え抜く。それがきっと足りなかったのかもしれません。

この先に起こることをイメージし、そして更なる感染症対策強化に乗り出して参ります。

そして、私たちの経験したことを、後世に語り継いでいく。それがクラスターを経験した施設の責務だと考えています。

『新型コロナウィルス感染の経緯説明について~華ほたる/3月3日~3月17日/14日間~』

『新型コロナウィルス感染の経緯説明について~本館/1月18日~2月24日/37日間~』

職員とご利用者の感染数が最大になった時の画像